岩代(和歌山県南部町)


磐代の浜松が枝を引き結びまさきくあらばまた帰り見む 有間皇子(万葉集)
 岩代の浜の松の枝を引き結んでおく。幸運にも無事で帰ってきたならばまた見よう 


飛鳥時代、
有間皇子は謀反を企んだのだが、一緒に計画していたはずの蘇我赤兄に裏切られ、捕まってしまう。そして尋問を受けるため斉明天皇のいる白浜へ移送される途中、この地で詠んだ歌。

※松の枝と枝を紐などで結びつけることで、旅の安全祈願とした。




有間王子、結松記念碑



案内板



案内板(国道)



国道沿いにあり、交通量は多くて危ない



近くの海岸に岩代王子がある



岩代王子からの眺め
はるか先に白浜が見える



JR岩代駅

その他、有間皇子の歌から派生した歌がたくさんある。
磐代の岸のが枝結びけむ人は還りてまた見けむかも 長忌寸意吉麻呂
磐代の野中に立てる結び心も解けず古(いにしへ)思ほゆ 長忌寸意吉麻呂
鳥翔(つばさ)成す有りがよひつつ見らめども人こそ知らねは知るらむ 山上憶良
後見むと君が結べ磐代小松が末(うれ)をまた見けむかも 柿本人麿
行末はいまいく夜とかいはしろの岡のかや根に枕結ば 式子内親王
岩代結べにふる雪は春もとけずやあらんとすらむ 中納言女王

やはり「松」と「結ぶ」がキーワードとなっているようだ




***




岩代の梅林の間を走る特急くろしお







copyright(C)2012 ゆかりの地☆探訪 〜すさまじきもの〜 all rights reserved.