杖衝坂(三重県四日市市)




東海道の難所らしい。
その名の通り、杖を衝かねばならないほどの急坂であった。







四日市側から車でここまで来てが、怖くなって引き返した。


過去に、同じ東海道の静岡県の「小夜の中山」に行ったときに、急坂を車で上ろうとしたが、途中で車がスリップし、しかも車の底が擦れ、挙句にブレーキを踏んでも車が徐々に後ろに落ちていき、この年齢にして正に絶体絶命のピンチに陥った体験があったため、今回も心が怯んでしまったもの。
この坂の上はどうなっているのだろう。




説明板によると、
「杖突坂とも書き、東海道の中でも急坂な所で、日本武尊が東征の帰途、大変疲れられ「其地より、やや少しいでますにいたく疲れませるによりて、御杖をつかして、梢に歩みましき、故其地を杖衝坂といふ」(『古事記』)とあり、その名が称されるようになった。」


「史蹟 杖衝坂」の石碑があった。




芭蕉の句


歩行(かち)ならば杖衝坂を落馬かな 松尾芭蕉(笈の小文)


芭蕉句碑、杖衝坂にあり。

 












あとで地図を見ると、車でも上れそうな感じでした。




copyright(C)2012 すさまじきもの 〜「歌枕」ゆかりの地☆探訪〜 all rights reserved.